スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AQUOSフォン [ほぼスマホ] がやってきた

AQUOSフォン [ほぼスマホ] が届きました。ほぼスマホ/SH90Bはシャープの4.8インチのフルHD IGZOの液晶画面です。
携帯電話より少し大きいので、携帯性はやや劣りますが、その分操作性は良いです。

SH90B2s.jpg

もともと、WiFiルーター代わりに購入したのですが、どうせならついでにスマホとしても使いたいものです。

1.ほぼスマホとスマホの違い
①MNPが使えない
 携帯電話の番号を引き継ぐことは出来ません
②携帯電話では無いので、アドレス帳も引き継げません。
 これはちょっと残念!
③モバイルフォンとショートメールは別サービス
 SH90Bは本来、LTE通信用のデータ端末なので、モバイルフォンとショートメールは別サービスになります。モバイルフォンを利用するにはオプション契約が必要なのですが、ショートメールと連動しません。
 docomoのLTEとFOMAを利用するのでデータ通信用に090-**の番号が付いてきますが、モバイルフォンは050-**のIP電話の番号が割り振られます。
 ショートメールの送受信は、090-** 通話は050-**の番号を使います。つまり、ショートメールを受けた人が、同じ番号(090-**)に返信する分には差し支えないのですが、電話を受けた履歴(050-**)にショ-トメールを送信しようとしても、通じません。
 これはちょっと不便ですね。

2.ほぼスマホのセットアップ
 初期設定を一通り済ませても、使いこなすにはいろいろと環境整備が必要です。
①SMSアプリのインストール
SMS(ショートメールサービス)は購入時に申し込んでおいたので、すぐ使えると思っていたのですが、端末に自分でアプリをインストールする必要があります。
②電話帳
 先ずは、電話帳を使えるようにする必要があります。MNPのように、携帯電話からデータを移行できないのが残念ですが、Gmailの連絡先と同期します。従来、Gmailの連絡先にはメールアドレスしか入力していなかったのですが、パソコンから電話番号も入力することにより、すぐ参照できるようになりました。
③テザリング
 これが、本来の目的です。PCとusbで接続してのテザリングは出来たのですが、wifiでのテザリングはまだ繋がっていません。
④オートコネクトの設定
 デフォルトで大丈夫なのですが、オートコネクトという機能があるので、”LTE・3G通信を優先”をoffにしておき、WiFi優先とします。LTEのパケット量に制限があるので、WiFiが使えるエリアでは、極力WiFi接続にします。この機能により我が家では無線LANに繋がるので、LTEのパケットは消費しません。
スポンサーサイト

テーマ : インターネットの利用
ジャンル : コンピュータ

ついに携帯とスマホの両刀遣いに

山岳会の若手には、携帯とスマホの両方を使用している者もいます。
自分には縁の無い世界だと思っていたのですが、最近私もその仲間入りすることになったので報告します。

きっかけはdocomoの新料金プラン(2014年6月~)の発表でした。
名前は”カケホダイ&パケあえる”と長いので、以下”パケあえる”と呼びます。
最安のコースだと(携帯の場合)、カケホウダイ\2,200+iモード\300+パケットデータSパック(2GB)\3,500=\6,000
これに、携帯本体の分割料金が加わりますが魅力的です。
パケ放題かけあえるs

私の現在の利用状況は以下の様な形です。

1.携帯電話
Auで毎月の利用料金は\4,500程度。多いときに\7,000円を超えたときもありますが、滅多にありません。

2.WiFiルーター
 WMAXで\4,000/月程度。もっぱら外出時にPCでインターネットに接続するためです。
契約したときはもっと安いつもりだったのですが、オプションとかなんやかんやでこのくらいになっています。またWiMAXはオプションの解約も、本体契約の解約も非常に大変との悪評を聞いていました。実際にはそれほど大変では無かったのですが。。

 WiMAXは契約窓口が沢山あるので、おれを調べるのが大変でした。最初はUQ WiMAXかと思って電話して調べてもらったところ登録が無いので別会社だろうと言われ、なんとか契約直後(2年前)のお知らせメールを見つけ、Broad WiMAXと判明しました。電話がつながるまで辛抱強く待って、オペレーターが出てからはスムースに解約手続きが出来ました。メールが見つからなかったら途方に暮れるところでした。

3.利用状況
自宅ではデスクトップのPCで、外出時はノートPCを持ち歩いています。
都岳連とか日山協の事務所で作業するときには、その場の無線LANを利用させてもらい、またマクドナルドではyahooIDでWiFiを使えます。従って、WiMAXを使うのは、山岳会の集会とか、電車の中、その他でPCを操作する時くらいですが、それでも重宝しています。
 不満は、都内でもビルの谷間だと電波が届かないことがあるのと、山の麓での会議で使えないことです。具体的には丹沢の神奈川県山岳スポーツセンター、土合山の家、奥多摩の氷川キャンプ場などでも使えません。

Auの携帯も、最近は山の中ではFOMAの方が通信エリアが広い感じなので、FOMAに魅力を感じています。

4.新しい使い方
携帯:自分の場合、山での使用を考えると携帯からスマホに切り替えるのはいやなので、通話は携帯、ノートPCのためのテザリング用にLTE、docomoではXi(クロッシイ)を用いることを検討しました。Xiをクロッシイと読むのを覚えるのに苦労しますが。

いろいろと調べてみると、biglobeから”WiFiほぼスマホ(以後”ほぼスマホ””というサービスがあることを知りました。
wifiほぼスマホs


 24ヶ月契約という条件ですが、シャープのAQUOS PHONE(SH90B)がついて、エントリーコースの場合\2,776/月です。SMSオプション((\120:ショートメッセージ、LINEのため)、フォン・モバイルオプション(\300:IPフォンによる通話/最初の13ヶ月は無料))を入れても\3,300程度。

WiMAXとXiの速度比較をしたサイトがありますが、速度はほぼ同等のようです。エリア的にはWiMAXの方が若干広いようです。

ただし、Xiの範囲外でも、FOMAが使えるというのが大きな魅力です。
エントリープラン場合、LTEの通信料がmax1GBで、これを超えると128bbs速度が遅くなります。但し\300/100MBで追加することは可能です。

また、”ほぼスマホ”の場合、完全なスマホではないので(番号の引き継ぎは出来ません)、従来の携帯はそのまま使うことになります。つまり、ガラケーとスマホを同時に持つな感じになります。これも魅力の一つでは有ります。ただし、いままでAndroidのタブレットを持っていても殆ど使っていないので、スマホとしての機能をどこまで使うかは判りませんが、メカマニアとしては魅力を感じます。

5.比較
WiMAX(現状維持)か、docomoの”パケあえる”か、”ほぼスマホ”か
悩むところです。

ポイント1:パケット1GBで足りるか?
電車の中でスマホで動画を見るような人は従来のパケ放題の7GBでも足りないので、WiMAXの方が良いという人もいるようです。私の場合、その用は使い方はまずしないのですが、念のため自宅のPCでパケット料を測定してみました。
GoogleDrive、Picasa,メール、FaceBookなどいろいろとソフトを立ち上げて半日のパケット料は50GB行かない感じです。YouTubeの動画をダウンロードしたら、一つで30MBほど使いました。
私の使い方では、1GBを超えることは無さそうです。

ポイント2:その他のメリット
通話は”ほぼスマホ”を極力利用するようにすれば、携帯の通話料金を減らせそう。

ポイント3:デメリットは
ここで、思い出したのが、現在の携帯は24ヶ月契約でまだ14ヶ月くらいしか経過していないので解約で違約金の支払いが必要になる。

以上から、”ほぼスマホ”の導入を決定しました。

ノートPCの変遷

久しくブログからごぶさたしてしまったので、過去の記事を見直してPCの履歴を見てみると、定期的に記録を残していく必要性がわかります。
ここで自分のメモ代わりに、ここ数年のマイPCの履歴をまとめてみます。

1.デスクトップPC
長年自作派でやってきたのですが、現在は自作はやめました。愛用のマシンはLenovoのThninkCentre3141という機種です。
HDDは600GB、RAMは4GB実装(32ビットなので3GBしか使えませんが)、OSはWindows7で、特に不満はありません。
PC切り替え機で、自作PCが他に2台繋がっています。
1台はWindowsVISTA、1台はWindows2000で2000のマシンはさすがに動かせません。またVISTAマシンも、ほとんど使っていないのですが、この記事を書きながら数ヶ月ぶりに起動したところです。2007/2/17の記事「VISTAが来た」で、XPからVISTAへのOS換装について触れています。
もう1台、娘用のPCも、自作から既製品に切り替えました。

2.ノートPC
2005/3/21の記事「WINTEL時代の終焉」でノートPC、PDAについて触れています。この頃までは、Letsnote/CF-A1ERを愛用していました。もともとWindows98SEだったものを、HDDを換装しWindowsXPに改造したものです。その後しばらくはPDAをいろいろと触る時期が続きました。モバイルギアを3代に亘り結構使いました。

2008/9/9の記事「EeePC901をゲット」で再びノートPCの利用を始めたのですが、これが大失敗。ASUSのEeePCシリーズの初代マシンで、HDDの代わりにSSDを搭載していました。SSDを容量の大きいものに交換したり、メモリも増設したりしたのですが、タッチパッド/マウスの入力部が安定せず、結局使い物になりませんでした。ネット上でも、タッチパッドを殺して使うとかいろと議論され、ファームウェアをバージョンアップしたりとかいろいろ試しましたが、マウスもタッチパッドも安定せず、あきらめました。

2012/2/17「WiFiで変わる世界」で少し触れているのですが、次のノートPCはLenovo/IdeaPAD-U350 で、結構大きく(13.3型)、重い(1.6kg)のですが、ザックに入れて持ち歩きました。

そして現在のメインのノートPCはEeePC-1025Cです。初代のEeePCで失敗したのに、懲りずに再挑戦です。
不満はあるのですが、なにしろ安かったのと、小さくて軽いので、重宝しています。

欠点は、OSがWindows7-Starterという代物で、本来はネットブックを念頭に低スペックのPCを想定したOSというものです。OSの機能としては特に問題は無いのですが、低スペックを前提にOSを低価格で提供したようで、メモリはmax2GB、デュアルコアCPUは使わないなどの制約があったようです。メモリは当初搭載されていたのは1GBで、これでは使い物にならないので、2GBに交換しましたが、これが結構大変。ネット上でいろいろ情報が出ていますが、PC自作派以外の人にはお勧めできません。

メモリが2GBだと、プログラムをいくつも同時に立ち上げたり、ファイルを沢山開くと動きが悪くなったりします。また、グラフィック機能も非力なため、パワ-ポイントの中で動画を再生した時には動いてくれず、前出のIdeaPADを持参したこともあります。

 とはいえ、利点は何と言っても携帯性。写真で比較しますが、電源アダプタ込みだと、重量、体積共に大きな差が出ます。また、EeePC1025cのバッテリー駆動時間は公称10時間で、半日の会議であれば、ACアダプタの持ち歩きも不要です。多くのノートPCはACアダプタ本体も大きいし、また電源ケーブルも必要以上に太いと思うのですが、何とかならないものですかね。

EeePC1025cs.jpg

androidは難しい

ブログも2年も留守にしてしまったようです。
2年前の段階で、WiMAXを導入したと書きました。2年間使ってみて、いろいろと不満も出てきました。今ではWiMAXの解約を検討中です。良い点は、繋がる場所では高速に通信できるということですが、繋がらないところでは使えないこと。当たり前の話ですが、山の関係の集まりで、奥多摩に行ったときとか、丹沢とか、群馬県の谷川岳山麓に行ったときに使えないのは残念です。また、都内でも鎌田のビルの谷間で使えなかったり、大田区の我が家でも、窓ガラスに針金が入っているとシールド効果が出るのは、通じにくいのです。
ポストWiMAXの話は次回に譲るとして、その後AndroidのPDAを2台購入しました。最初はNECのLifeTouchで、ともかく安く買えたので、良い練習台になりました。ただ、OSのバージョンが古いため、ソフトウェアの制約もあって、まもなくainolのNOVO7 Aurolaを購入しました。これも格安でした。
PDA購入のきっかけとなった友人は、外出時に持ち歩いて、地図とか、時刻表とかで使用しているようですが、自分の場合はWORD,EXCEL、メールがメインなので、8割方PCを持ち歩いています。
また、Androidが実に使いにくい。ということで、結局AndroidのPDAは宝の持ち腐れになってしまいました。
AndroidPDAs.jpg

テーマ : インターネットの利用
ジャンル : コンピュータ

WiFiで変わる世界(1)

PDA、ハンディーPCに関してはいろいろと利用してきましたが、現在愛用しているのがlenovoのIdea Pad-U350。13.3型ワイドモニタで、メモリは4GB、ハードディスクは500GBです。重量は1.6kgありますが性能は十分で、デストップを持ち歩いているようなものです。欠点は大きいため、持ち歩くにはリュックサックが必要なこと。また電池が公称5時間と言っても実質2~3時間しか持たないため、長時間の作業するためにはACアダプタが必要で、これも含めると結構重くて嵩張ることです。でもしょっちゅう持ち歩いて活躍しています。
 
 PCでの作業はWordとかExcelでの作業がメインですが、少し前まではLANケーブルも持ち歩いて、作業する事務所のネットワークに有線で接続していました。ところが2ケ所の事務所で無線LANが使用できることになり、無線LANを使い始めてのが大きな転換点になりました。

 Idea Padを購入したときには無線LANの必要性を感じていなかったので、残念ながら無線LANの機能は内蔵していないので、USBタイプの無線LANアダプタを購入しました。2cmほど飛び出す程度です。

無線LANアダプタ

 無線LANを始めてみると、LANケーブルを持ち歩く必要が無く、有線で繋ぐ必要が無いというのが実に快適です。PCで無線LANを出来る環境が整うと、今度は町の中でも無線LANに繋ぎたくなりました。12月の「yahooプレミアム会員」の項で書きましたが、第一歩は月額+210円でyahoo無線LANスポットです。マクドナルドに行き、コーヒー1杯でLANに接続できるようになりました。

 そんな折、高校時代の友人と会った際に、目の前でアンドロイドのPADを見せつけられました。その友人の契約はWimaxということで、さっそくWiFiについて調べてみました。携帯電話はauなので、auでWiFi契約をするケース、ドコモに乗り換えるケース、イーモバイルなどいろいろと比較したのですが、結局Wimaxに落ち着きました。

 ネットで申し込むと、翌々日にはWiFi端末が届きました。これで、マクドナルドに行かなくても、どこでもインターネットにつながるようになりました。PCの世界が大きく広がったのです。ところが、こうなると今度はPADが欲しくなりました。今のPCを持ち歩くにはリュックサックが必要です。ちょっとした外出でそこまでしたくないときにもネットに繋いでメールとか、文章入力をしたくなりました。この先は次のブログで書くことにします。




プロフィール

yamayataki3

Author:yamayataki3
自分にとっての初めての本格的な登山は、高校2年の時に南アの仙丈~甲斐駒の縦走でした。スーパー林道がない時代で丹渓新道の登りが長かった。岩とか雪とか沢を始めたのが30うん年前。オートキャンプも結構楽しんでいます。パソコンいじり(自作派です)も好きなので、ブログは山よりもPCの方が多いようです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。